イギリスで銀行開設 TSB編

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

今度はTSB編、他の銀行のことを見たい場合は、右のカテゴリーの海外銀行、もしくはイギリスに行ったらするところから探せるのでどうぞよろしく!

TSB編とかいたのは他にもいくつか銀行を開設していくつもりなのですべて書いていこうと思っているからである。

開設のしやすさ:

開設のしやすさは難しいと言っていいだろう。難しいと言っても書類が全て揃っていれば問題ない。

ただ、ここは結構厳しくて、書類が完璧でないと開設してくれない。

必ず100%の書類を揃えないといけない。

一応必要なものが、proof of address,passport,visa以上の三点, proof of address は学生の場合

厳しさ:

上記の通りめっちゃ厳しい。

必ずすべてのコピーを取るので

どちらかと言うと日本の銀行に似ているのかな?という印象があった。

維持費:

特にない。

口座の種類

口座は、行ったら今日作れるのはこれだけだねと向こうから提示された。

ちなみにこれ以上金利高いところないの?金利安くない?と言っても、

あー今日はこれしか無理だよーそれに他のは作れないねーと軽くあしらわれた悲しみ。

Classic-Current

http://www.tsb.co.uk/current-accounts/classic-account/

EasySaving

http://www.tsb.co.uk/savings/instant-access/

金利

Classic- current (一般口座)

一般口座は金利はつかない0%である。

これはどこも変わらないらしい。

EasySaving

こっちは年利0.75%

まぁまぁといったところだろうか・・・?

最後に自分でオンラインから開設した口座

Monthly-Saverという口座

http://www.tsb.co.uk/savings/monthly-saver/

こちらは月々、£250まで入金できる口座で年利5%の金利が付いている。

すっごい高いのでおすすめ!!ただ250£って低すぎませんかね・・・・。

使いやすさ

オンラインは使いやすい。とっても!

ただ、パスワードが2つ必要なのがめんどくさいところなのかな???

と言うか最初ちゃんと説明がなく、何のためにパスワード2つ作ったのかわからなかった

例えばパスワード1パスワード2とあるとして

パスワード1   ABC123cdF

パスワード2   123aBcfDe

だとする

IDを入力後パスワード1を入力するとログインができる。

Memorable informationのぱすわーど入力

tsb2

your memorable information ….?いやそんなのしらねーよwwww

そんなの聞いてねーぞと思ったけどとっさに二つ目に作ったパスワードを入力してみる

今回の場合だとcharacter2は2 character3は3 character8はdをいれるらしい。

ちなみに大文字と小文字の区別はいらないらしい。

とりあえず、大文字小文字は関係ないことは聞いていたが、2つ目のパスワードがmemorabele informationだとは知らなかった。

と言うか聞いていない。嘘ではない。

ApplePay

現在はApplePay使える様になってます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク