泥棒が入って被害額100万のその後@警察は無能!

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

前回のロンドンの家に空き巣が入ってっていう話の続き。

だいたい一週間ぐらいが立ってその後どうなったかとかどんな手続をしたのかという話。

前回の内容

ロンドンの自宅に空き巣が入った!被害額100万!

3日後の状況

3日後の状況は一変して、これは犯人捕まえれるのかな?って言うぐらいの状況に!

eBayに自分のパソコンが出品される。

犯人の顔写真がCCTVで発見される。

この2つだけでもう完全に捕まえれる可能性が高いと個人的には思っていた・・・。

4日後担当の刑事から電話が

刑事からの連絡はなかなか面白く、

写真もeBayのこともあるけど犯人を捕まえるのは難しい。

そもそもeBayで売ってる会社に連絡取ってるけど連絡とれないし

捕まえれる可能性はまったくないわ・・・

とのこと。

その後の状況はというと・・・

一応自分と同じフラットの人全員にこんな手紙が

これぐらいで終わり!!!

burglary

burglary2

手紙にも書いてあるけど

必ず携帯とかのIMEIナンバーは保護しておいたほうがいいらしい。

さもなくば盗まれた人に使われてしまうから。

でもIMEIナンバー保護しておいたとしてそれを使えないようにはできない気がするんだけどどうなんだろう・・・?

よく聞かれるのが保険入ってるの?って

僕ははいってませええええええん!

イギリスの人は結構保険に入ってる人が多いのかな?

相当な回数聞かれるから、入ってる人が多いんだと思うんだようん。

ただ保険って高いじゃないですか。1年間10万とかするわけだし、そう考えると別に入る必要ないのかなって自分は思っちゃう。

でもやっぱ警察無能すぎない?

いくらなんでもこれってひどいと思うんだ。

自分のパソコンがどこにあるかわかるし、顔写真もわかるのにもかかわらず

一週間たっても進展なし、犯人の名前さえわからないってほんと警察無能

日本の警察もこうなのだろうか?

実際問題、日本でこういう目にあったことはないんだけど、例えばヤフオクに出品されてる商品を見つけるだけなのにこんなに手間がかかるものなのかと思うと

ほんとに悲しみ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク