お引越し!住宅の契約で気をつけよう!Sterling De Vere との契約しました

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

ぶっちゃけここの評判はあんまよくないんだけど会社から近いということと、値段が安かったということでこことの契約を決めました。

今まで住んでたのはCanadaWater

Canadawaterからちょっと離れてしまうのだけど、LIMEHOUSEの方に引っ越そうと思う。

場所がいいところかどうかというと正直全くそうでもないんだけどw

値段が安かったのと部屋が結構広かったのと、なんかもうお引越しめんどくさくて今すぐにでも契約できるところがいいかなと思ったので手っ取り早く決めてしまいました。

外国人だから細心の注意を!契約の確認

自分たち外国人は舐められることが多いです。とにかくネイティブではないという理由から騙されたりすることがよくあるのでいつも自分が心がけているのが必ず契約などの際は録音してたりします。

PCなんとかという会社の事件もあった通りでこの世の中は、情弱を騙してお金を取るのが普通です。(普通になっているみたいです。)

契約の際は本当に細心の注意が必要!

契約で大事なのはお金とネット

いろんな賃貸を見て思ったのがどこもネット代込みみたいなところが多いです。

簡単に言うとネットをほかのフラットメイトとシェア!ネットをシェアは絶対にしたくないのが自分。

ほんとに遅い遅いネットにはコリゴリで、いっちゃん早いやつにしてって言う気持ちがいっぱい。

やっぱり部屋にネットを引くには、家主の許可が必要だったりなので場所によります。

その為何度も確認が必要!一度OKが出たとしても、口約束だったりすると、そんなこと言ってないよとかいうことをいう人も多いので、録音してまで契約は勧めたほうがいいです。

賃貸会社Sterling De Vere は結構ゆるい

会社によって、ゆるくないところとすごい緩いところとあります。

場所によっては、多分なんですが高級な賃貸を扱ってるところはほんとに契約がきついです。

自分も前回契約したところは50枚ぐらいの契約書を読んで、契約してとほんっとに大変だったのを覚えてます。

それ以外にも前回のlandlordに今までちゃんとお金払ってたという証明を発行してもらったり、6ヶ月のお金を前払いしたり、雇用主からの手紙などなど本当に本当に大変でした。

今回のsterling De Vereは結構ゆるく、雇用主からの手紙と、保証人(海外でもOK)と銀行の証明書だけでおkという事がわかった。

しかも面白くて、別に最初に事前の審査があってから貸し出しというわけではなく、その当日に必要な書類を持っていけばいいというザルっぷりなので驚き。

ザルっぷりだからこそ契約書などは大切に

本当に自分たち外国人はかもなんです。だから絶対に契約書、録音など証拠はとっておき有無を言わせない用にしましょう。

特にデポジットです。

イギリスでは賃貸を借りるのに必ず、デポジットが1ヶ月分または2ヶ月分必要になります。

このデポジットは契約終了後、大体の場合が1ヶ月以内に返って来ますが、やっぱり色々揉めたりすることが多いみたいです。

そのため、契約するときは必ず必ず色々確認すること!

部屋の写真も細部までとってメールで送付すること。

契約はやっぱ場所による

また同じことを書くことになるけど、ほんとに賃貸の契約は場所によるということがわかりました。

高いところの契約だと別の会社の人が最初に家に待っていて家の細部の写真をとってくれたりします。

審査も一週間ぐらいかかります。

そしてオンライン審査です。

契約書の書類も50枚以上で、50枚全てにサインなど

どこがいいのかはさっぱりわからないけども、シェアハウスとかだとやっぱ紙1枚が多いみたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク