イギリスでTier2の労働ビザの申請の条件と疑問点

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

YMSとかでワーホリにきて、もっと長い間滞在したい人、留学でTier4できてイギリスで仕事したい人ってたくさんいると思うけどこれがまた大変!!そして2016年よりかなり厳しく変わってきているのでその詳細について詳しく書いていこうと思います。

現在の条件

現在の条件は比較的にゆるいです!

年収要件:£20,800

英語力要件:CEFR level B1(IELETSだとオーバーオール5)

貯金額:£945以上を90日以上維持した銀行口座

仕事:VISAをスポンサーしてくれる企業(スポンサーできるライセンスがある企業)

HIS:一括滞在年数分を払う約600~1000ポンド

2016年の秋から年収要件が変わる。

年収要件:£25,000 (最低)

2017年の4月から更に変わる

年収要件£30,000 (最低)

Shortage Occupation list(人材不足職業リスト)

https://www.gov.uk/government/publications/tier-2-shortage-occupation-list

こちらに乗っている人が少ない職業リストの職業とかだと必須条件がかなり違います、ゆるい!

自分がこの条件の中の職業で働けるかを探すのもあり。

しかし、ナース、科学系、医療系、エンジニアリング系、IT系もアニメーション、ゲーム系が主なものとなっている。

面白いのはスポーツ選手やクラシックのミュージシャンも少ないらしい。ただこの辺は趣味レベルの人は無理です。

YMSからTier2に切り替えれるのか?

一言だけで言うと、できます。

ただ、2016年の6月現在であればギリギリ行けるかもしれないけど、もうほぼ無理です。

理由は、やっぱり条件が厳しいということ。VISAの許可条件が現在はまだそんなにきつくないにしても、これからどんどん厳しくなっていきます。

例えば、自分の場合2018年の4月にVISAの期間がきれます。)というのも現在YMSのビザのため)

年収要件の給料がどんどん上がっていっており、職歴がない人や新卒レベルの人や特定のスキルがない人はかなり厳しい話になってきます。

例:28歳営業経験5年

28歳で営業経験が5年あり、日本からイギリスにYMSのビザを使ってきました。

まず一番はじめに、こちらで同じように営業職で提示される賃金は年収1.8万ポンドから2.1万ポンドです。

かりに2016年の秋に申請した場合、であれば最低要件の2.5万ポンドまで賃金を上げてくれる可能性が、努力次第であります。(ほんとにきついと思います。)

しかし、2.1万ポンドをじゃあ、2年後に3万ポンドにできるかというと・・・・?

ほぼ確実に無理です。諦めてくださいという状況に・・・・悲しいね・・・。

例:25歳 営業経験3年 IT関連の知識あり→どうなるかは2年後のお楽しみ

これ自分自身の例

現在2年後もイギリスに住みたいわけではなく、どうしたいか考えている段階です。

正直イギリスにこだわる必要もないので・・・

ただ絶対に2年後イギリスに残ることができるという選択肢もあったほうがいい!

自分の場合ほんとに得しているなと思うのは、IT系の知識を自分で詰め込んでいるということ。

なので、職業の選択肢が広い。

法学部卒業でGPAも3.3あり、さらに24歳という若さで、フルタイムの職歴3年があります。

履歴書だけみればかなり優秀!!

やりたいことは法律や税金関係だけど、職歴と知識面で仕事を探すとしたら必ずIT系になってしまうのが悲しいところ。

→これからどうなるかは追って報告

Tier4からTier2に切り替えれるのか?

これはほんとに難しいです。

Tier4で大学院や大学に行ったとして、その後に仕事を探すって言うとなると

ほんとに大変。まず最初の給料の段階でVISA要件が…

こっちで初任給だと1.8万ポンドぐらいなわけで・・・

でもできます。

僕が、知っている中でできた人は、優秀な人のみ。

UCL(University College London)でLLMとった人は、そのままソリシターとして仕事をって言う人は知ってます。

ただほんとに難しいです。ただでさえ、卒業するだけでも本当に難しいイギリスの大学院

そこでかなりいい成績を残して、やっとやっと採用してくれるところがあるかないかというのが現状

ただでさえ、外国人なんですから!

ちなみに、二流大学ですと更に厳しいです。UCLレベルだと成績よかったら選びたい放題です。

イギリスってやっぱ学歴社会!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク