VISAサポート!給料!英国の求人で騙されない用にする方法

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

イギリスで就職するのは日本と違って少し大変で、MIXBとかその他イギリス/ロンドンの求人情報サイトでみなさんは沢山の求人を見てきていると思います。

沢山の会社がVISAサポートしますとか書いてます。給料も大雑把に18Kとか書いているところがあります。

自分は沢山の日本人が騙されてきているところを見てきたので、ある程度の助言としてあくまで参考までに見てください。

VISAサポートあり!は嘘かもしれない!

自分もVISAサポートありと書いてある企業沢山見てきました。そして、そこに群がる人たちも沢山見てきました。

でもVISAサポートは現状はギリギリセーフですが、秋からかなり難しくなります

VISAサポートの最低給料は25K、来年からは30K

https://www.gov.uk/government/news/migration-advisory-committee-reviews-of-tier-2

政府が公式で発表しています。今年の秋(そろそろ)からVISAの条件が更に厳しくなります。

最低の給料は25K(年収2.5万ポンド)です。

さらに来年の4月からは30Kです。

これが最低ラインで、これ以上ないとVISAの取得は相当難しくなります。

つまりこの給料をうわまらない場合ほぼVISAはおりません。

VISAサポートありなのに年収18K

VISAサポートあり。とは求人に書いているけど、年収は18Kで雇ってる会社が沢山あります。

例えば、カスタマーサポートとか、ライターとか美容院とかいろんな職種であります。

ただ、その求人で入ったとして半年後、1年後、2年後どうなると思いますか?

18Kが2年で30Kになると思いますか?

英国での就業は何年ですか?

専門職以外は、ほぼ日本で働いた職業履歴なんて見てもらえません。

イギリスで5年~9年働いていた人たちの、平均の給料が3万ポンドも行かないんですよ

ましてや、ネイティブではない日本人や、イギリスでの大卒資格が無い人の給料はいくらになると思いますか?

uksalaryav

給料の18Kは税引き後か、税引き前なのか

自分の思い込みかもしれませんが、日系企業の多くは、税引き前の給料を定時してくるところが多いです。

しかもそれって契約書に書いてないことが多いのかな?

18Kでも、税引き前、税引き後でかなり変わります。

税引き前18Kは手取り約1250ポンド

所得税の計算をざっくりすると、税引き前年収18kの場合は

(18000-11000)/100*20/12=116.6←これが毎月の所得税

National Insuranceはめんどくさいから計算しないけど多分99ポンドとか

つまり18K手取りと、18K税引き前では完全に違います

もちろん税引き後18Kは手取り1500ポンドです。

会計用語?

Gross Pay = 税引き前の所得

NET PAY = 税引き後の所得

NI = National Insurance

PAYE = 所得税

雇用契約書を書かないところはまずい

飲食業界であればまた話は別で多いのですが、オフィスワーカーの場合

例え、1日、2日とかの雇用でも基本は守秘義務契約を結びます。

また給料について、有給について、雇用形態についての契約書も書きます。

そういった雇用契約書を書かない会社は危ないと個人的には思ってます。

仮に出来ることとしたら、契約や面接の録音をしておくとかそういうことを自分だったらしますかね?

有給は何日か?

これ結構大事で、有給は年間何日間あるかです。

だいたいの企業は20日なのかな?バンクホリデーを含めて年間28日というところが多いです。

2016年8月から仕事を始めたとして、バンクホリデーは休みの場合の2016年の有給の数はこのようになります。

20(有給数)/12(1年)×5(2016年の労働月数)=8.3333日

バンクホリデーとか関係ない人に場合

28(有給数)/12(1年)×5(2016年の労働月数)=11.66666日

ちなみにほとんどのところで有給は2日だけ次の年に繰越できるか、次の年になると消滅が多いです。

SICKPAY(病気休暇)風邪一日とかでも!

イギリスは労働者はかなり守られてます。一方で日系企業の労働者は・・・

日本人の感覚だと、風邪を引いたら有給を使うというのが基本だと思いますけど、イギリスの場合そうではありません。

イギリスの場合はSICKPAYという病気休暇があります。

これは雇用契約によって完全に違うのですが、だいたいの企業がこの制度があります。

残念ながら日系企業でないところもあります。なんででしょうねー

Statutory Sick Pay (SSP) というものが普通はあるので、まぁ興味あったら調べてみてください。→https://www.gov.uk/statutory-sick-pay

年金について

イギリスではことしから、従業員1名以上の場合はかならず年金制度にはいらなければなりません。また、はいらない場合は雇用開始から5ヶ月目の月の最後までに年金いりませんという自己申告をしません。

この年金は企業もお金を払わなければならなく、日系企業のほとんどが、この年金を強制的に入りたくないですというサインをするように求めてきます。

これって違法なんで気をつけて下さい。

かといって年金に入る必要があるかどうかは別ですけど・・・

騙されるな!甘い求人は気をつけて!

ほんとに、VISAサポートしてくれてる会社は自分たちではVISAサポートしますなんてなかなかいいません。

確かに、現状のVISAの要件は年収20,800ポンドととても低いので現状はサポートしているというのは正しいところが多いです。

ただ、その一方で、現状はサポートしていても、来年、今年の秋からはどうなるかというと

サポート出来る会社は殆どなくなってしまうのが現状なのではないでしょうか?

特にカスタマーサポートとかマーケティングとか誰でも出来る職業はサポートはかなりきつくなると思います。

カスタマーサポートで30K貰ってる人ってそれなりの役職についている様な人たちですからね。

ワーホリの人は2年間のVISAがあると思いますが、その2年間で、日系企業で働いたとして、自分はのし上がれると思いますか?

30Kってほんとに手に職がないとイギリス人でも難しいですよ。

参考までにどうぞ

イギリスで就活する際のCVと連絡するときの注意点!

イギリスで就職するための履歴書の書き方(CV)

スポンサーリンク