イギリスでのワーホリ後の日本での就活はどうなるのか?

[`friendfeed` not found]
LINEで送る

最近すごい心配しているのが、ワーホリ後の就活のことである。ネットで検索するとワーホリ後の日本でのまともな企業での就活は厳しいという結論に至っているところが沢山ある!笑

いやほんとそんなん言われると、ほんとにつらい気がするんだけど・・・どうなのよ・・・

結局はワーホリの評価はしてくれない

結局のところ、企業はワーホリの1年や2年の期間を良しとしてくれないところが多いみたい。

ネットでいろんな記事を探したけど、ワーキングホリデー、つまりホリデーで休みの期間なんですよ。その休みの期間に2年だろうが1年だろうが海外で働いていたことを考慮してくれる会社なんてなかなかないということが本音みたいです。

英語が喋れる?だからなに?そんな人沢山いるんだよ!!って言う感じですかね

ワーホリを活かすにはどうすればいいのかを考察

では、面接やらなにやらでワーホリを活かすにはどうすればいいのかを考えた時、やっぱり人事に面白がられる、役にこいつは立つなと思える様な仕事をしている必要があるのだと感じた。

つまり最終的に思うのは、日本食レストランや、カフェ、バー、そういった類の場所で働いていた場合なんのキャリアにもならなく

日本で大学を卒業してから1年間バイトをしてました!企業にこれからは勤めたいですといっているのと変わらない状況だということが考えられる。

スキルを身につけなければいけない

つまり、ワーホリから帰った後にまともな職業につきたい場合は絶対にイギリスでもまともな職業についていなければならない。

まともというのは語弊があるが、日系企業での事務職、専門職、日系企業と取引がある会社というのが一番であるだろう。

そして、そこで働いているだけではなく人脈を作らなければならないというのが本音なのかなと思う。

特に、現地で日系企業と携わりがある場合は、日系企業で働いていている駐在員はかなりのお偉いさんが多い。

そういう人たちに直接コンタクトをとっていることがある場合は、絶対に今のワーホリでのしごとが終わってからもコンタクト取れるようにしなければならないだろう。

名刺交換たくさんして人脈を広めよう

ワーホリで仕事をしていてオフィスワーカーの場合は取引先がきっと沢山あるだろう。

自分もめっちゃあります。しかも無駄にお偉いさんと話すことがありますしメールすることがある。

これをすることが一番重要なのかなと思います。

日本に帰った後、日本で就職する際にその企業へアプローチをして、イギリスでは御社のだれだれさんと話していました。

なんてことを言うのが一番手っ取り早い仕事を見つける方法なのではないだろうか?

でもやっぱり無職やバイトばっか

一度フリーター(ワーホリ)になったら正社員に戻るのは本当に難しいのが日本の現状。

結局はワーホリ中にどうしていたかどんな企業で働いていたかが重要みたい。

どんなにいろんな経験を積んでいてたとしても結局はそこ。

ワーホリという1年や2年の期間でいい経験をできて、仕事もいい仕事を見つけるのはそうそう簡単ではない。

自分の場合はまともな仕事(会計士)を見つけるのに3ヶ月かかりました。

ワーホリの許される期間、自分の場合2年のうちの3ヶ月ですが、英国以外だと1年のうちの3ヶ月はかなり大きいと思います。

それでみつけてから残りの期間、まともな正社員として働けていたとしてもたかだか数ヶ月

日本の会社はそれを就業履歴として取ってくれないことがおおいから・・・・

自分の場合は、日本に帰りたくない

本当に日本に帰りたくない笑

日本に帰って就活をすると思うと本当につらい・・・・

残された選択肢は他の国に行くかイギリス人と結婚するかヨーロピアンと結婚するか・・・・

どれもほんとつらい笑

なんかいい方法はないのだろうか・・・・

イギリスで会計士として働いている履歴はまともに日本で役に立つのかが怪しいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク